行政書士 ライフ法経事務所

お問い合わせ

20余年の実績を生かし、信頼の行政書士として浜松市を中心に安心をサポートしています。 建設業許可、産業廃棄物収集運搬、農地転用、在留資格取得、更新、帰化申請、相続手続きなどお任せください。

以前のお知らせ

建設人材育成の評価指標設定

 国交省平成31年度 下請け企業の人材確保・育成の取組を後押し  仕組みつくりをする。技能労働者、若年層の比率を評価し、元請  が下請の判断材料に扱える。下請けの受注機会を広げ労働環境の  改善にもつながる。若年層の雇用優秀な人材確保に取り込みを重  視する指標項目の活用を運用していくそうである。
経営審査の30年度の評価・方法の見直し
 社会保険未加入社の減点強化
 防災協定加点評価
 特定機械保有点数少数でも高く評価へ

平成29年4月1日から施行される年金に関する改正点
①厚生年金を受けるために必要な加入期間(保険料を納めた期間や 加入者であった期間等)が、25年から10年に短縮。
加入期間の不足で年金を受け取れなかった多くの高齢者が年金を 受け取れるようになる。
②障害年金や遺族年金の受給資格が得られる。
③扶養配偶者に国民年金保険料の負担は生じない。
(ワイズニュースより)

平成29年4月1日から施行される年金に関する改正点
①厚生年金を受けるために必要な加入期間(保険料を納めた期間や 加入者であった期間等)が、25年から10年に短縮。
加入期間の不足で年金を受け取れなかった多くの高齢者が年金を 受け取れるようになる。
②障害年金や遺族年金の受給資格が得られる。
③扶養配偶者に国民年金保険料の負担は生じない。
(ワイズニュースより)

建設業法の改正から
26年の改正法から施行される点について。役員の範囲を役員等として100 分の5以上の株主が含まれる。特定許可の専任技術者の監理技術者資格証を添 付する。経審の客観的事項に若年技術者の育成確保の状況を追加するなどの改 正見直し箇所が幾つかある。書類様式が変更される。

改正相続税が27年1月に施行される。その一つに相続税額の基礎控除額が 定額部分と相続人数に係る部分が現行の6割に縮小され、課税対象者には増 税となる。二つ目は、相続税率早見表において相続取得金額の2億円超から 3億円までの税率が45%と6億円超が55%に修正され部分的に増税とな る。三つ目に宅地の相続税評価額が80%減額の範囲が240㎡から330 ㎡に拡大されこの点は相続税の減額項目となる。

現在の業種区分から、施工管理の不備等による事故が発生して いる等の状況に鑑み、「解体工事」について業種区分を新設し、 現行の「とび・土工・コンクリート工事」から、「工作物の解体」を分 離独立させることが妥当と考えられ、さらに解体工事施工技士資 格の普及状況等を踏まえると、対応する技術者資格の設定は可能 であるとされた。

各専門工事において実施する解体工事は、その専門工事に該当し、 土木や建築の全体計画の中で実施する解体工事は土木一式工事や 建築一式工事として対応する方針で、建設工事の区分の考え方で 示された。
また、解体工事の他、施工実態や取引実態の変化等の現状に鑑 み、業種区分の内容、例示、考え方について修正案が提示され、 例えば屋根工事において近年、太陽光パネルの設置工事が増加し ていることから、

・屋根一体型の太陽光パネル設置工事は「屋根工事」に該当
・太陽光発電設備の設置工事は「電気工事」に該当

その他、鉄筋継手にはガス圧接継手、溶接継手、機械式継手があ ることから、ガス圧接工事」→「鉄筋継手工事」に変更する。

また、石工事、管工事、タイル・れんが・ブロック工事、ガラ ス工事、内装仕上げ工事、熱絶縁工事、造園工事でも変更が予定 されている
(建設工業新聞より)

取扱い業務内容

ページのトップへ戻る